医療機関で不妊症治療を行う場合、AIHとIVFという2つの方法があります。 では、AIHとIVFには、どのような違いがあるのでしょうか? まず、AIHというのは、人工授精のことで、精子を直接子宮腔内へ注入し、妊娠を促す方法です。 一方、IVFというのは、体外受精のことで、体外で精子と卵子を受精させて、それを子宮内へ移植するという方法になります。 このように、AIHとIVFは、似ているようで全く異なった方法なのです。 また、AIHの場合は、1回につき1万円〜1万5千円ほどで受けることができますが、IVFの場合だと30万円〜50万円ほどかかってしまいます。 そのため、一般的にIVFを受ける場合は、AIHを何度も行っても成功しない時や卵管が閉塞している時、精子に異常がある時、子宮内膜症の時などです。 このような場合には、専門医からIVFを勧められることが多いでしょう。 ただし、IVFもAIHと同じように必ず成功するという保証はなく、失敗する可能性もあります。 そのことを理解した上で、受けるようにしてください。